掲示板 お問い合わせ
ホーム 英語教育の考え方 クラス紹介 イベント紹介 講師プロフィール
Yukiko's Column
ホーム > Yukiko's Column

 第4回 「Let’s enjoy English during the winter holidays !」

渡辺 由紀子

 大変長らくお待たせして失礼いたしました。今年2012年も英語を通して楽しい出会いがありましたか?言語は、コミュニケーションのツールです。コミュニケーションなしに国際共通語なし!とP&O石崎先生の恩師で上智大学の吉田研作教授も力説されています。2015年から、上智大学は開発中の入試問題を導入するようです。コミュニケーション力をはかる試験が導入されるのは大歓迎ですね。使える英語がこれからさらに求められるようになり、子供達は世界を見据えて成長していくようになるのでしょう。なんかワクワクしますね。言語を学んで身につけていくには正しい順序があります。まずは音声、音遊び、で耳を鍛えて言語を楽しむことが一番です。聞けて、話せて、読めて、書ける、、、が理想の順序です。今回は、この冬のお勧め動画サイトや親子で楽しめる遊びを一緒に見てみましょう。

< Maple Leaf Learning >
岐阜の先生Kenny Kingが作っています。歌が、カテゴリー別に分けられているのでとても使いやすいです。お家でお子さんと遊ぶなら、ぜひAction(アクション=動作)のビデオで遊んで下さい。
Videos for teachers では、どのように単語を紹介したらいいか、まで丁寧に紹介されていますからお父さん、お母さんでも楽しくできます。最新のビデオ、3 ladybugs sitting on the pineappleはギターをいじっている時にふと思いついた歌だそうです。(素敵ですね~歌がパッと思いつくなんて)
https://www.youtube.com/user/MapleLeafHashima?feature=watch

< elf Learning >
岐阜の先生Eric Kaneが作っています。カード遊びなどのヒントも紹介されていて、音声つきでたくさんボキャブラリーを増やせます。English Vocabulary for childrenというファイルをクリックすると、たくさんのカテゴリーの単語が、絵と音声で覚えられて楽しいです。フォニックスのカードもあります。
https://www.youtube.com/user/ELFLearning
子供達は、CDやビデオから正しい音や発音を聞き取る力があります。きれいな英語にたくさんふれさせてあげて下さい。正しく発音できれば、楽しくコミュニケーションがとれます。まだまだ耳から学習している子供達は、聞けば聞くほど伸びますし、音声教材はお父さんお母さんの発音にだって磨きをかけちゃいます。

 

※これは、12月9日に西南学院大学で開催された年1回のイベントETJ ELT EXPOの時の写真です。向かって左の黒のダウンを着てるのがMaple Leaf Learning のKennyで、右のグレーのジャケットがelf learningのEric です。二人ともとても真面目に英語教育に取り組んでいる楽しい先生です。(赤いセーターが私、渡辺です)

< Genki English ―Phonics― >
Genki English のRichard Grahamのサイトも、もう長らく世界中の英語の先生に支持されていて、幼児からティーンエージャー、大人までも活用できるサイトです。その中から、Phonicsのページを紹介します。パソコンで画面を立ち上げて、文字をクリックすると音が出て、お子さんだけでも楽しく練習できます。どのページもとても楽しいので、ぜひご覧になって楽しんで下さい。You Tubeにビデオをあげたり、先生や保護者の方々向けにアドバイスを始めた第一人者でもあります。Richardは福岡が大好きなので、滞在中には必ず高宮の勉強会にも顔を出してくれる熱心な先生です。
http://genkienglish.net/phonics.htm

< Learn English / British Council >
British Councilのサイトも情報満載です。子供から大人のビジネス英語まで、あらゆるビデオやゲーム、読み物で楽しみながら学習できるようにできています。ぜひのぞいてみて下さい。
Learn English Kids 幼児、小学生
http://learnenglishkids.britishcouncil.org/en/
Learn English Teens 中高生、大学生
http://learnenglishteens.britishcouncil.org/

< 多聴、多読ステーション >
http://www.kikuyomu.com/
ここでは、色々な絵本の立ち読み(試聴)ができるようになってます。mpiの新刊絵本Jack and Zakなども載ってます。子供のレベルにあった絵本、多読の本を探すのにも手助けになるサイトです。サイト内の「英語絵本クラブ」に会員登録しておくと、新刊のお知らせや絵本読み聞かせイベントのお知らせなどが毎月届きます。

< 洋子の元気ブログー松香洋子先生が最新事情を語る >
http://www.mpi-j.co.jp/special/blog/
不定期に更新されますが、英語最新事情などがわかります。最初に紹介した上智大学の新入試問題についても触れている記事があります。mpi会長の松香洋子のユニークな語りを皆さんにも楽しんで頂けると思います。

< 親子で楽しめるアクティビティ >

1)ボキャブラリーバルーン
上記のMaple Leaf Learningやelf Learningで覚えた単語や、レッスンで習って知っている単語をいいながら風船が床に落ちないようにポンポンとパスしていくゲームです。必ず単語かフレーズを言いながら風船にさわらないといけないというルールにしておいて、ポイントはそれぞれ好きなようにつけてはどうでしょうか。クリスマスボキャブラリーで盛り上がったお教室の先生に教えてもらいました。

     

2)家の中の物を英語で言っちゃおう大会
タイマーを用意します。たとえば、1分間と決めたら、部屋の中を見回し、目に着いたものを英語にして言っていきます。table, chair, slippers, clock, telephoneなど。1分間に何個英語が言えたか、を競います。ネタが尽きてきたら、カテゴリー別に、食べ物、飲み物、職業、動物、スポーツ、などバナナチャンツ、クイズでチャンツで覚えた単語にしてもいいですね。

< 冬の挨拶の豆知識 >
最後に、皆さんがクリスマスカードや年賀状で目にするMerry ChristmasとHappy New Yearですが、aが最初についている時と、ついていない時があるのに気づかれたことありますか?私もなんとなく使ってきたんですが、外国人の友人達にFacebookで確認しました。We wish you~とかI wish you~が前についていると、名詞として使っているので、We wish you a merry Christmas and a happy new year.となるけど、挨拶として単独で書くときには、Merry Christmas とHappy New Yearで使う、ということのようです。でも、きっちりきまりがあるわけでなくて、適当に使われてるよ、というような答えが返ってきました。

では、皆さん、良いお年をお迎え下さい。2013年の新年の抱負=New Year Resolutionは何でしょう?親子でそれを英語で言ってみるのもチャレンジングでいいかも!?

 
このページの先頭へ